ビジネスの視点から見たAirbnbとは

最近少しずつ社会に浸透し始めたAirbnbですが、日本でも実は多くの物件が登録されていることを知らない人がいます。東京だけでも1000を超える物件がAirbnbに登録されており、多くの観光客や旅行者に利用されています。宿泊用に提供する部屋は様々あり、個人向けの部屋からファミリーで宿泊できるような部屋まであります。また宿泊先もホテルのようにシンプルな部屋もあれば、友人の家に宿泊するような感じで物が置いてある部屋もあります。どの部屋を使用するかは事前にAirbnbでチェックしてみる事ができるので、よりイメージしやすいです。Airbnbとして部屋や物件を提供するホストは様々いますが、最安値であれば1泊1500円程度から利用できます。高いところであれば別荘丸々貸出して、1泊10万円程度する物件もあります。Airbnbは利用金額が安いと思われがちですが、意外に高い物件もあるという事です。しかし値段ではなくて、その土地や地域との結びつきをより深めたいと思う人にとっては、Airbnbはとても魅力のあるサービスです。また部屋や物件を提供するホストとしても、普段は空き部屋になっている空間を貸し出すことで収入になります。貸し出す物件にもよるし、部屋や物件の手入れも必要ですが、それでも定期的な収入源になるのはありがたいものです。人気の物件や観光地にあるAirbnbでは、月に収入が30万円を超えるホストもいるようです。もちろんAirbnbの全てのホストが多くの収入を得ているわけではありませんが、副収入としては十分な金額です。しかし、ホスト側としては宿泊者が気持ちよく利用できるように部屋や物件の手入れを常にしなければなりません。アメニティを提供している物件であれば、タオルやシャンプー類のアメニティを準備しなければならないし、そういった細かい出費もあります。そして何より宿泊者に対しての配慮や気遣いが求められます。ホテルとは違いサービスではないですが、Airbnbのキャッチフレーズのように、宿泊者がまるで家に帰ってくるような気持にさせるのもホストの役目です。

SNSでもご購読できます。