airbnbの将来

Airbnbの将来性とは

今や全世界で大人気のAirbnbです。Airbnbに登録している一般人の家や部屋を事前に予約して、指定した期間に宿泊宿として提供するサービスです。Airbnbの登録自体は簡単で、料金設定も細かいルールはなく、オーナーが自由に設定することができます。Airbnbは見知らぬ土地に旅行した時など、ホテルでは味わう事が出来ない空気や雰囲気を肌で味わう事ができるし、現地の人の生活に密接しているので旅をより楽しめるというメリットがあります。また上手くAirbnbで宿を探せば、ホテルよりもずっと格安で宿泊することもできます。海外では当たり前のように定着しているAirbnbですが、日本でも登録件数はたくさんあります。中には部屋の提供だけでなく、食事付きだったり、農作業の体験だったり、プラスアルファの価値がついているものもたくさんあります。普段味わう事が出来ない体験ができたり、現地の郷土料理等をお店とは違いアットホームな雰囲気で楽しむことができるので、これも人気のサービスです。しかし日本でAirbnbのシェアが増えてくるにつれて、徐々に問題も発生しています。というのは、こうしたAirbnbはほとんどの場合無許可で行っているからです。日本ではホテルや旅館のように、お金を払って人を宿泊させるばあには届け出が必要です。そのためには館内の防火対策や様々な条件をクリアする必要があります。しかしこのAirbnbに関してはいまだに無許可のまま行われています。しかしお金を払って宿泊施設を提供するという点においては、ホテルや旅館と同様です。どの家や部屋を選ぶかは個人の選択になりますが、本当に防火対策や色んな条件をクリアしているかというと、必ずしもそうではありません。そのため野放し状態のAirbnbに対して、旅館業者やホテル業者がクレームを入れているというのです。もちろんホテルや旅館側からしてもいい分はよく理解できます。それよりも宿泊する人が本当に安心して安全に使う事ができるように、法の整備が必要になりそうです。

知る人ぞ知る隠れた観光地でも、Airbnbが大活躍!

教科書やガイドブック通りの人生なんてつまらない、道なきところに道はできるというのが、私のモットーです。旅行をするにしても、日本人なら誰もが知っているような有名な観光地だけではなくて、ちょっとマニアックな、地味ではあるけれど深く知れば知るほど好きになるというような場所に行くことが多いです。ただ、そういう場所って、世界的なホテルチェーンが少ないことがあって、泊まる場所に困ることがあるんですよね。さすがに野宿なんてできませんから、誰か現地の人の家に泊めてもらいたくなります。おっと、これはたとえ話ではなくて、本当に他人の家に宿泊するんですよ。Airbnbを使えば、それが可能なんです。

さて、今回私が旅行のターゲットに定めたのは、アメリカ合衆国南部、テキサス州にあるリオ・グランデ川のほとりにある町です。この川はメキシコとの国境になっていますから、高台から川の南北を見ると、両岸の様子がずいぶん違って面白いんですよ。知人には良さがよくわからないと言われてしまうんですが、国境や日本の県境のような境界線って、人工物でありながら自然をも作り替える力があって、興味深いんです。では、早速Airbnbで部屋を予約します。

このたびお世話になったのは、日本円にして5千円ほどという安さの、初老のご夫婦のお宅です。空港からレンタカーで走る最中の風景は、乾燥した砂漠地帯に点々と家が建っていて、まるで西部劇みたいでしたね。予約した家のAirbnbの宿泊代金はカードで支払えましたし、あまりうまくはありませんが一応英語も話せますから、オーナー夫婦とのコミュニケーションにも問題はありませんでした。食事まで出してもらえましたし、社交辞令かもしれませんが「日本はいい国だね」とまで言ってもらえて、ちょっと嬉しかったですね。旅の目的である国境の川ですが、予想通り、対岸にメキシコの風景と地平線が見えて、世界の広さを感じられる景色でしたね。こういう体験ができるのも、Airbnbのおかげだと思っています。

エアビーアンドビーはトラベルのためにある

Webを使って旅行者と宿泊所を結ぶエアビーアンドビーというサービスが世界的に拡大・普及しているらしい。宿泊所といってもホテルとか旅館じゃなくて、一軒家とかアパート・マンションなんかの所謂普通の民家とか、船とか島一つ丸ごととか変わった物もあるそうだ。普通の旅に飽きた人とか旅費を節約したい人とか利用する目的も人もさまざまだから、エアビーアンドビーを通じてたくさんの人たちが世界中で繋がっているわけだ。グローバルサービスだからそこには文化の違いによるトラブルが発生する。

宿を提供する側も元々プロじゃないからトラブルを予想しにくいし、対処のノウハウも無い。旅行者側もお金を払っている以上それに見合ったサービスが受けられなければ不満だし、不安にもなる。それでもこういった不備・不手際によるトラブルなら経験を重ねていくうちに減っていく物だが、厄介なのは貸し手・借り手側双方の常識やモラルの違いによる齟齬が生む迷惑行為、更には違法・犯罪行為が起きてしまったときだ。部屋を汚されたとか物を壊されたとかは予想もしやすいしまだましな方かもしれない。まさかという方法で道具を使われたとかは心の広い人なら文化の違いと我慢できるかも知れないが、真夜中に大勢でどんちゃん騒ぎをしたとか近隣に迷惑をかける行為は貸し手一人の被害ではすまなくなるので対処が面倒だ。仮に謝ってもらったところでご近所に申し訳ない思いのままそこに住み続けることに変わりない。

旅の恥は掻き捨てとはグローバルなことわざかもしれない。そもそも迷惑行為と思っていないかもしれないから文化の違いとは厄介で面倒でもある。もっと厄介で面倒なのが違法・犯罪行為だ。売春宿として使われたり、傷害事件の現場となった例も世界では報告されている。日本でもマンションの最上階にある部屋をAirbnbを通じて借りていた中国人女性の子供が転落・死亡する事故が発生している。事件性の無い事故でもトラブルとしては大きく精神的負担もかなりあるだろう。貸し手が起こすトラブルもある。賃貸物件の又貸しをすることが結構あるらしく、この場合被害者は家主ということになる。又貸しは禁止というのが常識だったが通じなくなっているのかもしれない。エアビーアンドビーは新しいサービスなので拡大に伴ってこれから更にトラブルも増えてくるに違いないが、乗り越えて発展・普及していくのか、鍵を握っているのはサービスの利用者自身だ。

190カ国以上で利用できるサービスに

Airbnbは、190カ国以上で利用することができるサービスとなっており、自分が行きたいと思っている地域が、このサービスに該当しているかどうかも重要になってきます。該当しているようなら、様々な恩恵を受けられる可能性があるので、手軽に泊まる所を探すことができます。泊まる場所については、一定の費用が決められており、泊まる場合は宿泊料と感謝を支払うような形となります。この金額設定は相手側が決めているので、提供する側が自由に値段の設定を行っています。
地域によってはホテルが多く存在するものの、中にはホテルがあまり無いためか、泊まる所に苦労してしまう可能性が生まれています。このような問題点については、Airbnbを利用することによって解決する可能性があります。近くに泊まる場所が無くても、家を借りることで泊まることができる可能性を持っているのですから、手軽に旅行を進められるようになっているのです。このような恩恵を考えると、ホテル探しよりも家探しをした方が楽なことも沢山あります。
Airbnbによって泊まることができるのは190カ国以上ありますので、自分が希望するエリアに対象があるかを確認した後、まずはホテルを探した方がいいです。その上で見つからなかったり、旅行をしたいエリアから相当離れてしまうのであれば、家を借りることを決めます。多少高くなったとしても、交通費の負担という部分で軽減できる可能性がありますので、こちらの方がお得なこともあります。また安い家を利用することによって、宿泊代を下げられる可能性もあります。
利用している方が増えており、海外では当たり前のように利用されているサービスの1つとなっています。これから日本でもこのようなサービスがさらに普及する可能性があり、もっと利用者が増えてくる可能性があります。Airbnbは提供しているエリアも多く、現在は海外旅行で利用することが多いのですが、これからは国内旅行でも使うことがあるかもしれません。

人気のAirbnbで儲かる副業

最近副業を始める人が多いようです。長く続いたデフレ経済の中で収入は伸びず、その後の
アベノミクスによるインフレ誘導で株価は上昇しても収入の伸び率は低く、経済格差も広がって
いるようです。物価は上昇傾向、消費税も上がる予定なので家計にとっては実質マイナスと
なっている家庭も多いと思われます。節約や工夫をして支出を減らすのにも限界がありますから
収入を増やす手段として副業が選ばれているのでしょう。副業といっても最近ではいろんな種類が
あります。インターネットを駆使した物が多いところが現代的ですが、その中にAirbnbというものが
あります。これは旅行者と宿泊所を結ぶWebサービスで、今や世界190カ国以上で100万件以上もの
宿泊所が登録されていて利用者は累計4000万人を越えているそうです。宿泊所といってもホテルや
旅館ではなく、普通の一軒家とかアパート、マンションなどや船とかツリーハウスなんて面白い物件
まで登録されています。今住んでいる家の空き部屋とか旅行や出張でしばらく使わない家を宿として
旅行者に貸す仲介をするのがAirbnbなのです。宿泊所を提供する側をホストといい、副業としてこの
ホストを始める人が増えているのです。ホストになる為に物件を購入する人もいますから本業にする
事も可能かもしれません。特に資格が必要ということもありませんし、空き部屋や別宅などがあれば
始められますから、副業としては悪くないかもしれません。ベッドメイキングとか食事の提供の必要も
無いので、価格も低く設定できるため旅費を抑えたい旅行者にとってもありがたいサービスといえます。
新しいサービスですからこれからまだまだ成長が期待できますし、日本は2020年の東京オリンピックに
向けて外国人観光客は更に増え続けることが予想されています。ホテル建設が間に合わないほど
需要に供給が追いついていないのが現状ですから今がまさに副業のチャンスかもしれません。
収入を増やしたくて副業をお考えの方はAirbnbでホストになることも良いのではないでしょうか。

これからAirbnb用の物件を探すなら

Airbnbに参入するかたはこれからまだまだ増えるでしょう。
しかし、日本ではゲストの需要も伸びています。これから新規参入しても十分利益をあげることができるでしょう。
その際、すでに空き部屋があって、その空き部屋を利用する、というかたには関係ないかもしれませんが、これから物件探しをしようと思っているかたは、十分にリサーチをして物件を決めることをおすすめします。
日本で人気なのは、やはり東京、大阪、京都です。
ただ、千葉県の外房など、その他の地域でも魅力的な部屋を提供していて評価の高いホストのかたたちは存在します。
しかし、まずはじめに始めるとなれば、観光客の人気があって、宿泊施設が足りていない地域を重点的に探すのが手っ取り早いでしょう。もちろん場所だけで人気が出るわけではありませんが、まずは観光客が来てくれないとお話しになりません。
例えば東京で言いますと、
第一候補として「羽田空港近隣」が挙げられます。
羽田空港近隣の宿泊施設は現状で軒並み満室状態が続いています。円安や東京オリンピックの需要もありますので、やはり第一候補でしょう。
第二候補は「銀座周辺」です。
東京を訪れた観光客は殆どのかたが訪れるようです。ただ、「銀座」として訪れているわけでは無く、「東京の中心」として訪れているようです。日本人には「銀座」という名前を付けた方が受けが良さそうですが、海外からの観光客には「東京」という名前のほうが受けが良いのです。場所としては最適ですが、リスティングには「Ginza」とは書かずに東京と書きましょう。
第三候補は「新宿エリア」です。
これは訪れる観光客の数に対して、宿泊施設の数が圧倒的に少ないからです。
いずれの候補も東京の一等地ですので、賃貸物件でも初期費用がかなりかかってしまいます。
Airbnbでは「Airbnbカウンター」というアプリが公式サイトにありますので、詳しい住所で、一か月にいくらくらいの収益が出ているのかを実際に見ることが出来ます。
ぜひ「Airbnbカウンター」を利用してみてください。

自然災害時に活躍するAirbnb

自然災害は、いつ起きるか分からない一面があります。その災害に伴って、マイホームが被害を受けてしまう可能性もゼロではありませんね。
思えば数年前には、日本でとても大きな災害がありました。あれで大変な状況になってしまった方も、多いのではないでしょうか。
自然災害による被害の1つは、住宅に対する損傷です。災害の結果、住居に住むのが困難になってしまう場合があります。数年前の日本でも、そのような事態が多発してしまったのですね。
ところで上記のようなネガティブな状況になってしまった時に、Airbnbが活用される事があります。というのも一時避難の為に、その場所が活用される事があるからです。
というのも今から数年前に、アメリカでそのような事例が見られたようなのですね。アメリカというのは、暴風などが多発する傾向があります。嵐が発生してしまえば、住居に対する被害も起こり得るのですね。住宅が吹き飛ばされてしまう事もあるのですが、何とも怖い話だと思います。
そして住宅が損壊してしまった時には、もちろん居住空間が無くなってしまう訳ですが、Airbnbがその問題点を解消した事があるのです。あるアメリカの自治体が、そのような損害を受けてしまった方々に対して、その物件を貸し出したのですね。それで非常に多くの方々の、それで助かったと言われています。ちなみにその時には、物件の無料貸し出しが行われたようですね。
そして物件の貸し出し者は、やはり感謝されていたようです。困っている方々に対して物件を貸し出していた訳ですから、とても高く評価されていたようですね。
このようにAirbnbという物件は、自然災害が生じた時の救済手段として活用される事がある訳です。思えば日本でも、自然災害がいつ生じるか分からない一面があるでしょう。いずれ日本でも大災害が起きる可能性もありますが、その時にはアメリカのようにAirbnbの物件が有効活用されるかもしれませんね。とても良い事だと思います。

ビジネスの視点から見たAirbnbとは

最近少しずつ社会に浸透し始めたAirbnbですが、日本でも実は多くの物件が登録されていることを知らない人がいます。東京だけでも1000を超える物件がAirbnbに登録されており、多くの観光客や旅行者に利用されています。宿泊用に提供する部屋は様々あり、個人向けの部屋からファミリーで宿泊できるような部屋まであります。また宿泊先もホテルのようにシンプルな部屋もあれば、友人の家に宿泊するような感じで物が置いてある部屋もあります。どの部屋を使用するかは事前にAirbnbでチェックしてみる事ができるので、よりイメージしやすいです。Airbnbとして部屋や物件を提供するホストは様々いますが、最安値であれば1泊1500円程度から利用できます。高いところであれば別荘丸々貸出して、1泊10万円程度する物件もあります。Airbnbは利用金額が安いと思われがちですが、意外に高い物件もあるという事です。しかし値段ではなくて、その土地や地域との結びつきをより深めたいと思う人にとっては、Airbnbはとても魅力のあるサービスです。また部屋や物件を提供するホストとしても、普段は空き部屋になっている空間を貸し出すことで収入になります。貸し出す物件にもよるし、部屋や物件の手入れも必要ですが、それでも定期的な収入源になるのはありがたいものです。人気の物件や観光地にあるAirbnbでは、月に収入が30万円を超えるホストもいるようです。もちろんAirbnbの全てのホストが多くの収入を得ているわけではありませんが、副収入としては十分な金額です。しかし、ホスト側としては宿泊者が気持ちよく利用できるように部屋や物件の手入れを常にしなければなりません。アメニティを提供している物件であれば、タオルやシャンプー類のアメニティを準備しなければならないし、そういった細かい出費もあります。そして何より宿泊者に対しての配慮や気遣いが求められます。ホテルとは違いサービスではないですが、Airbnbのキャッチフレーズのように、宿泊者がまるで家に帰ってくるような気持にさせるのもホストの役目です。