話題のairbnb

エアビーアンドビーで泊まってもらう人を見つけるコツ

エアビーアンドビーで、部屋や家を貸したいときには、利用する方法についても調べておくとよいでしょう。
まず、エアビーアンドビーに利用する場合には、登録を行います。
登録は、無料で行うことができるので、不安なく登録することができるでしょう。
登録する際には、紹介文やプロフィールを掲載していくことになります。
部屋を借りる人は、部屋を提供してくれる方についての情報を求めています。
ネット上でやり取りしてから借りることができるとはいえ、初対面の方の部屋を借りることになるので、どのような人物なのか詳しく知りたいと希望します。
具体的なプロフィールが書かれていれば、安心して泊まることができるので、出来るだけ詳しい情報を記載しておくとよいでしょう。
また、紹介文を書くときには、丁寧で明るい感じに仕上げると、泊まってもらえるようになります。
誰でも、人あたりがよい方には好印象を感じますが、紹介文も丁寧で明るく書かれていれば、泊まりたいと感じるようになるのです。
出来るだけ多くの方に泊まってもらいたいと考えたときには、紹介文についても気をつけましょう。
エアビーアンドビーに登録したときには、部屋の情報も記載していくことになります。
部屋の写真を撮って掲載すれば、部屋の雰囲気や広さも把握できるようになってきます。
部屋の写真を撮影するときには、光が当たっている時に撮ると、綺麗に撮影することが可能になり、注目してもらえます。
夜に撮影すると、光が入りにくくなるため、部屋全体が暗くなってしまう為、昼間の間に撮影をするとよいでしょう。
また、当然のことながら、部屋を美しく見せるためにも、部屋の細かい部分の整理整頓を行っておくとよいでしょう。
綺麗に片付けておくことで、室内も美しく見えるようになりますし、清潔感を出すこともできるのです。
綺麗で清潔感のある部屋であれば、性別を問うことなく泊まる方を見つけることができるようになってきます。

日本でairbnbのホストを務める際に気を付けること

海外旅行を計画する際、一番困ることと言えば宿泊場所です。その土地を探訪する際の拠点となる場所ですが、旅行会社のツアーパックなどであればそれらも全て旅行会社が手配してくれるのですが、個人で旅行を計画する場合は全て自分で行わなければなりません。その土地の言葉が理解出来れば、インターネットで近くの宿を予約することも可能ですが、最近ではそういった宿泊施設を使わず、ネット上で一般人同士で部屋の貸し借りを行うという方法もあるようです。

それが、airbnbというサイトで、このサイトに登録することで家を貸し出すホスト側が用意している部屋を利用することが出来るようになります。世界190カ国で展開しているサービスで、一般的に旅行を計画するような地域であれば大体は事足りてしまいます。

これを利用して旅をしている海外の方も多いようで、日本では馴染みはありませんが、日本でもホストとして家や部屋を貸し出している方もいらっしゃるようです。日本でairbnb始め方を紹介しているサイトもあるのでチェックしてみるといいかもしれません。さて、このシステムですがタダで利用出来るのかというとそうではありません。中にはタダで泊めてくれるような人もいるようなのですが、大抵はそれなりにお金を取られます。まあ当然といえば当然なのですが、それでも普通に宿を取るよりも格安で泊まれるということもあり、毎晩世界で50万人以上が利用しているとのことです。日本でもお金を取って宿泊客を泊めるという形でコミュニティに登録がされていますが、実はこれは立派な違法行為です。海外はどうか知りませんが、日本では旅館業法というものがあって、設備の安全性や防犯性などにしっかりとした審査が行われたうえで初めてお金を取って人を泊めることが出来るようになります。

お金を取らなければ違法行為ではありませんから問題無いのですが、知らずに行っているホストの方もいるのかもしれません。もし、現在airbnbでホストを務めているとかホストとして部屋を貸そうという方は、純粋に外国人との交流を楽しむ形で部屋を貸すのが望ましいでしょう。

Airbnbの口コミ

今、Airbnb(エアビーアンドビー)というサイトが非常に話題となっています。
中でも話題となっているのがAirbnbの代行サービスをしているairbnb代行でおすすめの「Airbnb Supporters」というサイトです。
こちらは主にAirbnbの完全運営代行サービスをしているサイトになります。近年、話題となっているAirbnbですがやり方がわからない、運営管理できないなどのAirbnbに対して一歩踏み出せない方を後押ししているサイトです。評判も良く土地の活用による副業による収入や働かずにお金を稼ぐことのできる検事収入を得たい方が注目しているようです。また、2020年のオリンピックが東京で開催されることや年々増加している訪日外国人のことも考えると、今後さらに注目されていくのではないでしょうか。
もはやAirbnbはサービスなどでなく一つの働き方として認識される時代も遠くないのかもしれませんね。
先ほど紹介したサイトは、インターネットからもアクセス可能となっていますし、またスマートフォンなどにも対応していて、いつでもどこでも閲覧することや申し込みすることができます。無料相談することもできるので土地を活用したい方や今後Airbnbに取り組んでみたい方はぜひ覗いてみることをおすすめします。
世界中の自宅などを貸し借りできるというサービスになりますが、こちらのサイトは、どれぐらい評判が良いのでしょうか。
実際に使ってみた人の評判と言うのは、いったいどういった評判なのでしょうか。
まず、Airbnb(エアビーアンドビー)の高評価もたくさんあります。
たとえば、サイトなども、 非常によく管理されているサイトであり、さらには、運営代行を挟むことでゲストやそしてホスト、どちらも安心して利用することができるとされています。また、日本へ海外の方を呼び込む一つの方法として社会貢献しているという見方もできます。
やはりゲストにもホストにも安心・安全というワードは注目されるものなので運営代行会社を挟むことで得られるものは大きいと思います。

Airbnbで暮らすような旅

Airbnbは、いったいどういったものなのか、というと、スマートフォンなどのアプリでも体験することができるというサービスになります。
自宅のインターネットからも利用できますが、スマートフォンなどからもアクセスが可能となっています。
こちらのAirbnbは、どういったコンセプトなのかと言うと、まず「暮らすように旅をする」というのがコンセプトとなっているんですね。
世界中の人たちと、部屋ンドを貸し借りすることができるというサービスになり、なと、毎晩のように50万人がこちらのサービスを使って旅行をしているようなんです。
また、登録している物件には、さまざまな物件があるというのが大きなメリットです。
たとえば、普通の家だけではなく、たとえば、お城であったり、さらにはボート、またさらにはツリーハウスや、島そのものなど、さまざまなユニークな物件があるというのが大きなポイントです。
ツリーハウスや、島なんて、聞いているだけでわくわくしてきますよね。
また、さらには、普通の個人宅であったり、さらには、まるごと一軒を借りることも可能となっているので、さまざまな家を借りることができるんですね。
アプリを使えば、どんなことができるのか、というと、なんと世界の3万都市の中から、宿などを探すことができますし、また、さらにはスマホや、タブレットなどから直に予約するということが可能となっています。
またさらには、世界中のどこでも直前に予約をすることができますし、さらには、長期滞在なども可能となっています。
さらには、ホストなどにメッセージを送ることが出来たり、さらには道順なども調べたり、聞いたりすることもできます。
また、友達と共有したりすることもできますので、気にいったところはまたリピートしたりすることもできるというのが大きな特徴となっているんですね。
こうしたことから、いまとても人気のサービスとなっています。

Airbnb(エアビーアンドビー)は楽しそう

Airbnb(エアビーアンドビー)で旅行をしたら楽しそうだなあと思います。旅行を何度もしている人の方が、Airbnb(エアビーアンドビー)のようなサービスは利用しがいがあるかもしれませんね。
旅行の楽しみはいろいろありますが、その楽しみの一つが宿泊先だと思います。旅館であれば、まだ他と違う点というのが少しはありますが、ホテルの場合だと、どこに泊まっても同じではないでしょうか。ホテルだと、ただ寝るためだけの利用目的ですから、ベッドがあるだけですからね。まあ、旅行なので、ホテルは寝るだけでもいいのかもしれません。旅館であれば、温泉などがある場合は、温泉を楽しむこともセットで旅行ということになりますから、ホテルよりはいいにしても、それでもやはり寝るためだけであることはあまり変わらないでしょう。
しかし、Airbnb(エアビーアンドビー)であれば、普通の人たちが住んでいるお家とかに泊まることができたりするわけですから、旅行に慣れていて、ホテルや旅館にはもう飽きたという人にとっては、けっこう良い刺激になるような気がします。さきほども少し書きましたが、旅の目的は部屋にこもることではないでしょうから、宿泊場所は寝るためだけでいいのではありますが、海外の人たちが普通に暮らしている様子を知ることができる民泊のようなシステムは楽しい旅になりそうですよね。異文化体験というものはカルチャーショックがあって楽しいですし、それまでの旅行とは違って、いい思い出になるように思います。
たとえば、ニューヨークに海外旅行に行ったとして、ニューヨークで生活している人の家や部屋に入ることすら普通はないわけで、そのような場所に泊まることができるというのは、貴重な経験になるに違いありません。パリに行って、パリに住む人のお家を借りる、イギリスで借りる、オーストラリアで借りる…。考えるだけでワクワクしてきます。お城を借りることもできるのですから、お城で寝泊まりできるなんて最高の旅になりますよね。

現地の住居を実際に利用出来るサービス

旅行好きの人が文化体験を醍醐味だと考えるケースは珍しくありません。交通機関や連絡手段が豊富になり、世界各国が繋がりを持ち始めています。以前よりも移動時間が短縮されていると言えますが、心を通い合わせるという事に時間を要するのは変わりません。国によって物事に対する考え方や対応は変化します。なぜなら人間は特定の地域に生活を送り続けた事で、独特の考えを形成していくからです。時にはそれが争いの元になるので気持ちを通い合わせる事の難しさは不変だと言えます。しかし世界各国の文化や風習の情報は充実しているため、考え方の違う相手と相対する前に事前準備を整える事は簡単です。だから勉強をしてから旅行に臨む準備が徹底している人が増えています。彼らの中には現地の文化を更に深く知ろうとする好奇心旺盛な人種が存在しています。そして最近になって知識欲を充足させるサービスが注目を集めているのです。それはエアビーアンドビーと呼ばれており、現地で住居を借りる事が出来ます。旅行において宿泊時に用いられる設備は、サービスが行き届いており休息する意味では問題がありません。しかし精神や身体を落ち着かせる事に有効なのは、普段と変わらない環境を提供する事だと言われています。少し変わった習慣を体験したいと考えているなら、優れた宿泊サービスを利用する事は逆効果です。前述した文化を深く知りたいと考える人の希望が達成される事はありません。だからエアビーアンドビーの様な少し変わったサービスが人気を集めているのです。利用に必要な料金は住居を持つ人との話し合いに依るところは大きいですが、現地の生活を楽しめる住居を発見出来る可能性があります。このサービスが注目されるようになった経緯は、2012年のオリンピックからだと言われています。開催地であるロンドンは宿泊設備が不足していましたが、エアビーアンドビーによって問題が解消されたのです。つまりエアビーアンドビーのサービスは、少し特殊な人だけでなく一般的な考えを持つ人でも利用し易いと認められています。

女性の視点から見たAirbnbとは

最近少しずつ社会に浸透してきているのがAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスです。Airbnbは世界190カ国以上で登録されているサービスで、旅行者がAirbnbに登録している家や部屋を宿泊施設として利用できます。もちろん有料ですが、多くのケースで現地のホテルに比べるとはるかに安く利用できるとの事です。多くの国や都市で物件が登録されているため、旅行者は自分の泊まりたい都市や地域からAirbnbの施設を選ぶことができます。Airbnbを利用するとホテルで宿泊するよりもより現地になじむことができ、さらにホテルとは違ったまるで家のようなリラックス感を得る事ができるとあります。多くのメリットがあるAirbnbですが、女性の視点から見た時にこのサービスはどうなのかと考えてみます。まず面識のない人の家に宿泊するという行為ですが、女性の場合ある程度リスクがあることを覚悟しなければなりません。Airbnbに登録している部屋は持ち主もきちんとしていますが、かといって100パーセント安全とは言えません。もし何か身に危険があっても、相手が男性の場合女性は力で完全に負けてしまいます。そのため宿泊先を決めるときは物件の持ち主についても事前チェックをよくしておく必要があります。本当に良心的な人または安全な人なのかを知っておく必要があります。またたとえ持ち主に問題がなくても、物件自体が安全なのかもチェックすべきです。例えば物件のセキュリティは問題ないのか等です。夜中に勝手に入ってこられて部屋を荒されないか、という危険性もある程度は頭に入れておかなければなりません。ホテルの場合だとセキュリティに関しては万全を期していますが、一般の物件提供であるAirbnbについてはまだシステムが十分確立していません。そのため自身でチェックする必要があります。上記の事からすると、Airbnbは女性にとって多少リスクがあることが分かります。危険から自分を守るためにも、よく下調べして利用することをオススメします。

フランスのニースで南フランス料理を満喫しました

私は海外での1人旅が趣味で、年に数回は長期休暇を取ってバックパッカーの旅行を楽しんでいます。

今回はフランスのニースに行って来ました。
宿泊先をさがすとき、バックパッカーが利用するのに便利なのがAirbnbというサービスです。
Airbnbはホスト(提供者)の自宅の部屋を提供してもらえるサービスで、1人旅で何回か使っています。
事前にネットで調べてホストの人にメールでやりとりをして、1つの部屋を予約しました。
全部で5泊ほどする予定で、この部屋を起点に観光をする計画です。

空港に着くと、市街地までバスで移動し、ホストの人の自宅に向かいました。
近くまで来て、事前に伝えられた電話番号に連絡すると、男性が迎えてくれました。
自宅に行くと、奥さんも出迎えてくれて、改めて自己紹介しました。
旦那さんは45歳のNさん。奥さんは43歳のFさん。
2人暮らしだそうです。
さっそく部屋に案内されます。
案内された部屋は家の離れにあって15畳はあるすごく広い部屋でした。

夜の到着だったので、歓迎会代わりだよと言われ夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
2人とも英語が上手で、日本にも何回か行ったことがあるよと言っていました。
京都や東京の風情のある町並みに興味があるそうで、部屋に飾ってある扇子やこけしなど、和風のものが飾ってあって日本人にとっては嬉しい限りです。

今回、ニースの観光ではFさんから美味しい南フランス料理のお店を教えてもらいました。
高そうでしたが、ランチは日本円で1000円程度。
なのに、きちんとコースになっていて野菜中心の料理がとても美味しかったです。
ニースの海岸沿いを自転車の人力車のような乗り物で一周するサービスを楽しんだり、ニースの綺麗な海と町並みを満喫できました。

5日間はあっという間にすぎて、Nさんご夫婦ともお別れの日が来ました。
その時に奥さんからフランスの手作りのクイニーアマンをいただきました。
手作りで心のこもったパンをいただいて、とても感動しました。

フランス旅行で素敵なご夫婦と出会えて、今回の1人旅も最高の旅になりました。

旅行先の人と同じ目線で宿泊するには

旅行をしていて、より現地の人と親しくなるという方法の一つとにAirbnbがあります。これは、現地に住んでる人が空いている部屋を旅行者に貸し出すというサービスであり、旅行者に関しては旅行先のホテルを利用するよりも、安く宿泊節が利用できるというメリットがあります。

また、本来なら小さな部屋を借りると言う考え方になりますが、大きなお城を借りることもできたり、お寺を借りたりすることも可能だったりします。そして、豪華な家具が設置されているような部屋を選ぶことも可能だったりします。

なので、短期間だけでも空想の世界の建物に住んでみたいと考えるような人は、それがAirbnbで現実になる可能性があるのです。高級な家具類が設置された部屋は、借りる料金も高くなりますが、アパートを賃貸するような考え方ではなく、数日間の旅行なのでそのあたりは気楽に借りることができるはずです。

そんな事から、現地住民の毎日の暮らしぶりを体感できるという事と、建物を旅行者に貸し出しているホストの方の家族の方と親しくなれる可能性があります。

そうなってくると、現地の地元の食事を一緒に食べる機会が出てくるかもしれないし、そのような美味しい食事を提供してるお店も紹介してもらえるなど、現地で楽しむヒントをいくつももらえる可能性があります。

そして、食事を更に楽しもうと思うのであれば、現地でしか購入する事ができない食材を使って、実際に自分で料理を作ってみることも可能です。

Airbnbでは、生活できる道具をすべて貸してもらえるので、キッチンにある道具もすべて使えるのです。なので、美味しそうな食材を見つけたらそれを買い込んで、自分なりのレシピで料理を作り上げることも当然にできるのです。

そうなってくると、期間は短いですが現地に滞在する人と全く同じような生活を送ることができるのです。なので、観光地を巡り珍しい物を見て回るのが旅行の醍醐味ですが、それと同じように、現地の人たちが毎日楽しんでるようなことを一緒に体感することも良いのです。

旅行先での暮らしを楽しむため家を借りるということ

さらさらと砂浜が続く海沿いの町で旅行にもかかわらず家を借りてから、ここでの滞在が以前旅行したときよりすごく好きになりました。
以前は、近くの旅館やホテルで暮らしていて、毎日窓からこの砂浜を眺めていても今以上の感動を得ることができなかったのです。
やはり郷に入っては郷に従うで、現地での暮らしに合わせて生活する場所も合わせるのが、本当の旅行の楽しみ方だって教えられました。
無機質な旅館やホテルの壁ばかり眺めていては、それではここでしか味わえないことではなく、どこででも味わえる感覚なのです。
現地で家を借りることで、現地での暮らしに寄り添うことができるのだと思います。
Airbnbはそんな旅行好きの願いを叶えてくれるようなサービスで、短期間の旅行でもやはり家はいいなと改めて考えさせられます。
家は、地域によって形を変えているもので、例えば東北だと重い雪にも負けないように太い柱や瓦屋根の家、沖縄なら台風にも負けないように低い高さの家に風が吹き抜ける塀など、家は地域の暮らし方を具現化した存在です。
毎日窓から違う風景をAirbnbを利用することで、感じることができるようで、同じ砂浜を歩いていても同じ色の海を見つめてても、やはり家があるかないかでは違うものです。
きっとそれは心の持ちようかもしれません。
気持ちが変えれば同じ風景も違った色をつけるのだと思います。
やはりそれだけ家というのは大切で心のなかに深い影響を与えることができるものなのでしょう。
それもこれもAirbnbで家を借りようとして気づいたもので、改めて自分が家が好きなのだと実感させられました。
海の近くの家だけでなく、山の上や麓にも旅行先で家を借りてみたいですし、普段とは違う風景を見ることをしてみたいなと思うのです。
そうしないと見えてこないものもあるでしょうし、家を借りてから住民と距離を縮めるきっかけになり旅行先での楽しみ方がこれまでよりも120パーセントになった気がしています。