これからAirbnb用の物件を探すなら

Airbnbに参入するかたはこれからまだまだ増えるでしょう。
しかし、日本ではゲストの需要も伸びています。これから新規参入しても十分利益をあげることができるでしょう。
その際、すでに空き部屋があって、その空き部屋を利用する、というかたには関係ないかもしれませんが、これから物件探しをしようと思っているかたは、十分にリサーチをして物件を決めることをおすすめします。
日本で人気なのは、やはり東京、大阪、京都です。
ただ、千葉県の外房など、その他の地域でも魅力的な部屋を提供していて評価の高いホストのかたたちは存在します。
しかし、まずはじめに始めるとなれば、観光客の人気があって、宿泊施設が足りていない地域を重点的に探すのが手っ取り早いでしょう。もちろん場所だけで人気が出るわけではありませんが、まずは観光客が来てくれないとお話しになりません。
例えば東京で言いますと、
第一候補として「羽田空港近隣」が挙げられます。
羽田空港近隣の宿泊施設は現状で軒並み満室状態が続いています。円安や東京オリンピックの需要もありますので、やはり第一候補でしょう。
第二候補は「銀座周辺」です。
東京を訪れた観光客は殆どのかたが訪れるようです。ただ、「銀座」として訪れているわけでは無く、「東京の中心」として訪れているようです。日本人には「銀座」という名前を付けた方が受けが良さそうですが、海外からの観光客には「東京」という名前のほうが受けが良いのです。場所としては最適ですが、リスティングには「Ginza」とは書かずに東京と書きましょう。
第三候補は「新宿エリア」です。
これは訪れる観光客の数に対して、宿泊施設の数が圧倒的に少ないからです。
いずれの候補も東京の一等地ですので、賃貸物件でも初期費用がかなりかかってしまいます。
Airbnbでは「Airbnbカウンター」というアプリが公式サイトにありますので、詳しい住所で、一か月にいくらくらいの収益が出ているのかを実際に見ることが出来ます。
ぜひ「Airbnbカウンター」を利用してみてください。

SNSでもご購読できます。