日本でairbnbのホストを務める際に気を付けること

海外旅行を計画する際、一番困ることと言えば宿泊場所です。その土地を探訪する際の拠点となる場所ですが、旅行会社のツアーパックなどであればそれらも全て旅行会社が手配してくれるのですが、個人で旅行を計画する場合は全て自分で行わなければなりません。その土地の言葉が理解出来れば、インターネットで近くの宿を予約することも可能ですが、最近ではそういった宿泊施設を使わず、ネット上で一般人同士で部屋の貸し借りを行うという方法もあるようです。

それが、airbnbというサイトで、このサイトに登録することで家を貸し出すホスト側が用意している部屋を利用することが出来るようになります。世界190カ国で展開しているサービスで、一般的に旅行を計画するような地域であれば大体は事足りてしまいます。

これを利用して旅をしている海外の方も多いようで、日本では馴染みはありませんが、日本でもホストとして家や部屋を貸し出している方もいらっしゃるようです。日本でairbnb始め方を紹介しているサイトもあるのでチェックしてみるといいかもしれません。さて、このシステムですがタダで利用出来るのかというとそうではありません。中にはタダで泊めてくれるような人もいるようなのですが、大抵はそれなりにお金を取られます。まあ当然といえば当然なのですが、それでも普通に宿を取るよりも格安で泊まれるということもあり、毎晩世界で50万人以上が利用しているとのことです。日本でもお金を取って宿泊客を泊めるという形でコミュニティに登録がされていますが、実はこれは立派な違法行為です。海外はどうか知りませんが、日本では旅館業法というものがあって、設備の安全性や防犯性などにしっかりとした審査が行われたうえで初めてお金を取って人を泊めることが出来るようになります。

お金を取らなければ違法行為ではありませんから問題無いのですが、知らずに行っているホストの方もいるのかもしれません。もし、現在airbnbでホストを務めているとかホストとして部屋を貸そうという方は、純粋に外国人との交流を楽しむ形で部屋を貸すのが望ましいでしょう。

SNSでもご購読できます。