Airbnbの将来性とは

今や全世界で大人気のAirbnbです。Airbnbに登録している一般人の家や部屋を事前に予約して、指定した期間に宿泊宿として提供するサービスです。Airbnbの登録自体は簡単で、料金設定も細かいルールはなく、オーナーが自由に設定することができます。Airbnbは見知らぬ土地に旅行した時など、ホテルでは味わう事が出来ない空気や雰囲気を肌で味わう事ができるし、現地の人の生活に密接しているので旅をより楽しめるというメリットがあります。また上手くAirbnbで宿を探せば、ホテルよりもずっと格安で宿泊することもできます。海外では当たり前のように定着しているAirbnbですが、日本でも登録件数はたくさんあります。中には部屋の提供だけでなく、食事付きだったり、農作業の体験だったり、プラスアルファの価値がついているものもたくさんあります。普段味わう事が出来ない体験ができたり、現地の郷土料理等をお店とは違いアットホームな雰囲気で楽しむことができるので、これも人気のサービスです。しかし日本でAirbnbのシェアが増えてくるにつれて、徐々に問題も発生しています。というのは、こうしたAirbnbはほとんどの場合無許可で行っているからです。日本ではホテルや旅館のように、お金を払って人を宿泊させるばあには届け出が必要です。そのためには館内の防火対策や様々な条件をクリアする必要があります。しかしこのAirbnbに関してはいまだに無許可のまま行われています。しかしお金を払って宿泊施設を提供するという点においては、ホテルや旅館と同様です。どの家や部屋を選ぶかは個人の選択になりますが、本当に防火対策や色んな条件をクリアしているかというと、必ずしもそうではありません。そのため野放し状態のAirbnbに対して、旅館業者やホテル業者がクレームを入れているというのです。もちろんホテルや旅館側からしてもいい分はよく理解できます。それよりも宿泊する人が本当に安心して安全に使う事ができるように、法の整備が必要になりそうです。

SNSでもご購読できます。