ラスベガス1人旅でAirbnbの快適な旅が出来ました

私はまとまった休みが取れるとバックパッカーで1人旅によくでかけます。

今回はアメリカのラスベガスに行きました。
3泊5日の弾丸旅行です。
私は宿泊先を探すとき、いつもAirbnbというサービスを利用しています。
一般の方が自宅の一室に宿泊させてもらえるサービスで、ホテルの宿泊料の半額以下で泊まれます。
事前にネットでホスト(提供者)の人とコンタクトをとって、条件を確認。
広い部屋を見つけさっそく予約をしました。
3泊で広めの部屋を貸し出してくれるとのこと。
宿泊代もフロリダの平均的なホテルの半額程度でした。
さっそく返事をして到着予定と待ち合わせ場所を返信して予約完了です。

ラスベガスの空港に着くと、まずホストの人の指定した駅まで電車で移動しました。
顔写真を頼りに探していると、背の高い50代の男性が同じように探していました。
挨拶をして自宅に行くと、奥さんも出迎えてくれて改めて自己紹介。
旦那さんは55歳のVさん、奥さんは50歳のLさんです。
とてもフレンドリーの方で、宿泊を歓迎してもらえました。
離れの部屋に案内されるとアメリカらしい1軒分の平屋のような大きい部屋です。
キッチンなども備え付けてあって、いくらでも泊まれる部屋でした。

まずは最初の歓迎を受け、Lさんのラスベガスの郷土料理をいただきました。
日本人の宿泊客は何度も泊めたことがあるそうで、そのたびに和風のおみやげをもらったそうです。
そういえば、私も何か買ってくれば良かったとあとで後悔しました。

観光はやはりカジノを満喫しました。
あまり多くは勝てませんでしたが、それでもプラスで4時間以上楽しめたので、たっぷりカジノが楽しめて大満足でした。
Lさんが教えてくれたラスベガスの人に人気のメキシカン料理のお店に行きました。
基本的に辛いので、事前に辛くない料理をLさんが教えてくれてそれを注文しました。
それでも辛かったですが、やみつきになる辛さでメキシカン料理を満喫することが出来ました。

今回のラスベガス旅行は、Vさんご夫婦に手厚い歓迎を受けて、観光を満喫できました。

SNSでもご購読できます。