自然災害時に活躍するAirbnb

自然災害は、いつ起きるか分からない一面があります。その災害に伴って、マイホームが被害を受けてしまう可能性もゼロではありませんね。
思えば数年前には、日本でとても大きな災害がありました。あれで大変な状況になってしまった方も、多いのではないでしょうか。
自然災害による被害の1つは、住宅に対する損傷です。災害の結果、住居に住むのが困難になってしまう場合があります。数年前の日本でも、そのような事態が多発してしまったのですね。
ところで上記のようなネガティブな状況になってしまった時に、Airbnbが活用される事があります。というのも一時避難の為に、その場所が活用される事があるからです。
というのも今から数年前に、アメリカでそのような事例が見られたようなのですね。アメリカというのは、暴風などが多発する傾向があります。嵐が発生してしまえば、住居に対する被害も起こり得るのですね。住宅が吹き飛ばされてしまう事もあるのですが、何とも怖い話だと思います。
そして住宅が損壊してしまった時には、もちろん居住空間が無くなってしまう訳ですが、Airbnbがその問題点を解消した事があるのです。あるアメリカの自治体が、そのような損害を受けてしまった方々に対して、その物件を貸し出したのですね。それで非常に多くの方々の、それで助かったと言われています。ちなみにその時には、物件の無料貸し出しが行われたようですね。
そして物件の貸し出し者は、やはり感謝されていたようです。困っている方々に対して物件を貸し出していた訳ですから、とても高く評価されていたようですね。
このようにAirbnbという物件は、自然災害が生じた時の救済手段として活用される事がある訳です。思えば日本でも、自然災害がいつ生じるか分からない一面があるでしょう。いずれ日本でも大災害が起きる可能性もありますが、その時にはアメリカのようにAirbnbの物件が有効活用されるかもしれませんね。とても良い事だと思います。

SNSでもご購読できます。